ゴルフパットの初心者向け練習

ゴルフパットの初心者向け練習

スイングと同様にパット練習で苦心する方が意外と多い様です。パターを使ってボールを転がしてカップに入れるシーンはゴルフのハイライトとも言えますね。パターで苦労している原因としては、大きく分けて外してしまう方と距離の長短で入らないケースが挙げられます。

 

ゴルフ初心者の方でパターが右や左にそれてカップに収まらないと言う場合においては、まず第一に真っすぐ打つにはどうすれば良いのかを考える必要がありますね。基本フォームに何かおかしい所がないかどうかを確認しましょう。パターで苦心している方を見てみると、毎回同じ方向に曲がる癖を持っている方や、左右どちらかに曲がりやすい方がいる様です。

 

きちんと正しいフォームで打てているのに何故か曲がってしまうと悩んでいる方の場合には、ボールを打った瞬間を思い出してみてください。もしかして頭がふらついていませんか?パット練習は様々となっていますが、その中でも頭を壁に付けたままパットを行うと言う練習が有名で効果的とされています。パターを打つ際に頭がグラついているなと感じているのであれば、パターを打つ前から打ち終わるまでの間、頭を壁につけたまましっかりと固定して打つ癖を身体に覚えさせましょう。

 

曲がってしまうのではなくて、距離感が問題で上手くいかない方の場合には、カップの1cm手前で止める間隔を身に付ける事が攻略の第一歩です。ほんの少しだけ力が強かったとしてもカップにボールは入るものです。しかしながら、それを1cm手前で止めるとするならばしっかりとしたコントロール技術がなければ成功出来ません。この感覚をきちんと体に覚えされる事が出来るのであれば、例え斜面であろうともボールをカップに沈める事が出来るはずです。ゴルフ経験の浅い初心者の方の場合には、上り坂では問題なく入れる事が出来ても、下り坂の場合にオーバーしてカップを外してしまう方が非常に多いので、それを防ぐ為にもこの1cm手前でストップさせる技術は重要です。しっかりと体に覚えさせて無駄なオーバーを減らしていきましょう。


楽天GORAでゴルフ場検索

楽天GORA

激安ゴルフクラブUSAから直送【フェアウェイゴルフ】

フェアウェイゴルフ

楽天オススメ商品

アドセンス広告